可憐な薔薇が連なる、ヴィクトリアンメイデンのローズブーケストライプホルターネックドレス

このドレスが持つ二つの顔

闇を思わせる黒を背景にリボンが繋ぐ整然とした赤い薔薇のブーケ、芳香を思わせるピンク色の背景に無造作に束ねられた様々な薔薇のブーケ、そんな2種類の柄があしらわれたこちらのドレスは、青ざめた肌を表現するゴスロリメイクに良く映えます。
ヴィクトリアンメイデンは、クラシックロリータを代表するブランドです。ヴィクトリアン朝時代の乙女たちの、可憐さと知的さから現れる美しさをひとつの品物として体現化します。レジメンタルストライプを重用する英国調のスタイルが特徴的で一見ゴスロリとは離れている様にも思えますが、そのコンセプトはゴスロリのように、光と闇と言う双極の概念を併せ持つものです。

後姿の美しさ

このドレスの見せどころのひとつとして、ロマンティックが集積されたような可憐な後姿が挙げられます。コルセットを兼ねるレース部分と、ホルターネック使い時の蝶結びが織りなす装飾の妙には心が奪われるものがあります。
また、正面から見ると上部からスカート部分にタックが流れて広がっており、それを切り替えるウエストにはリボンのベルトがあしらわれております。リボンはドレスと共布なので、さりげないアクセントとなって上品な印象です。

ホルターネックドレスの良さ

ロリータファッションの基本となるジャンパースカートでは、大人びた印象になるホルターネックはあまり見かけません。しかし、まっすぐで固定されている肩紐は意外と使いにくく、特になで肩の方は肩紐が落ちやすくなります。その点ホルターネックは安定していますし、肩幅を狭く見せる効果もあって、実はロリータファッションとは相性が良いスタイルなのです。
こちらのドレスの肩紐は、普通の肩紐としてもホルターネックとしても使える仕様で、2種類のスタイルが可能になります。ホルターネックでは、首元に大きなリボンが付いた定番ブラウスとのバランスの抜群ですから、是非お試しになってみて下さい。

http://www.maidenclothing.net/script/detail.php?id=154051799001

ワンダーウェルトの評判とは?

ワンダーウェルトはゴスロリ、ロリータアイテムの中古品を専門に取り扱うショップです。ゴスロリ系の中古品取扱いショップとしては新顔ですが、ハイブランドの中古品販売・買取りに於いて確実な実績と信頼を持つ会社が運営しています。実店舗を持たず、ウェブ上の取引のみを行うショップですので、購入の際に1か所に集積された多様な商品の中から選ぶ事が出来る利点があります。

ショップサイトの特徴:ゴスロリやロリータの趣を大切にしながらも、スタイリッシュなデザインが魅力なサイトです。必要な情報を確実に伝える姿勢を徹底した見やすいレイアウトにより、リラックスした気分でサイトを利用する事が出来ます。また、ワンダーウェルトのフェイスブックやインスタグラム内では、ゴスロリやロリータファッションについての記事を随時発信しており、愛好家との情報交換にも積極的です。

ゴスロリ古着や服の買取なら完全手数料無料のワンダーウェルト

買取りについて:買取りは宅配に限定されますが、買取り申込み手順はウェブ上の簡単なフォームでわかりやすいのが特徴です。すると宅配キットが送られてきますので、キットの箱に売りたいアイテムや必要事項を記入した書類を梱包し、着払い伝票で配送します。審査により査定額が決まったら、電話かメールで報告が来ます。査定額に納得がいきましたら指定口座に振込みが行われます。万が一買取りがキャンセルとなってもアイテムは無料で返送されますし、不要であればショップ側で処分してもらえます。商品の状態や人気を考慮した丁寧な評価が行われ、適正な価格で買取りが行われます。特に新品や状態の良い物、人気アイテムの高価買取りには定評があります。

販売品の注目点:見極めるプロが選んだアイテムは、高品質でハイセンスながら納得の価格で提供されています。アイテムはわかりやすくカテゴリ分けされており、商品写真が大きく掲載されているのが嬉しいポイントです。また、中古品であることを考慮して、商品の状態がわかる写真や情報がしっかり記載されていますので、安心して購入する事が出来ます。

ロリータ服を高く売る(ロリータ買取)

ロリータ服には様々な定義がありますが、「少女」の姿が古くよりお人形の題材として取り扱われてきたように、ロリータ服を愛する皆様が、年齢的な意味を通り越した特別な存在感を、「少女」そしてロリータファッションに見出していることは創造に難くありません。
ロリータファッションを愛する皆様と同じように、ロリータ服を提供するブランドもそれぞれの思い描く理想を持って、一枚のドレスを具現化します。コンセプトはブランドの数ほど存在しますが、特にロリータファッションは他ジャンルとの融合が多く、大きく分けてもいくつかのカテゴリが存在します。

「スウィート・ロリータ(甘ロリ)」:ロリータファッションの基本で、愛らしさを重きに置きます。ピンクや白、サックスブルーなど甘めの色、また黒を基調とし、モチーフはお花や動物、お菓子や果物などを用います。また、丸襟ブラウスにジャンパースカートのロリータ服は直球のロリータと言うことで、「コテロリ」と呼ばれる場合もあります。
「プリンセス・ロリータ(姫ロリ)」:お姫様のイメージはどのロリータファッションにも少なからず含まれますが、髪の毛を高く盛るなど豪華に仕上げる、お姫様を意識したロリータです。場合によっては雰囲気が夜のお仕事に近くなるのでバランスには気を付ける必要があります。また、「プリンス・ロリータ(王子)」の場合は王子様と言う意味では無く、少年と言う意味で男装ロリータに当てはめられます。
「クラシカル・ロリータ」:ロリータファッションのデザインは、18世紀フランスのロココ調や19世紀イギリスのヴィクトリアン朝などのドレスが原型となりますが、社交界で用いる華やかなドレスとはまた違った、日常着のドレスにフリルを多用して甘めに仕上げるロリータはクラシックなお嬢様服の印象が強くなるのでこう呼ばれます。
「ゴシック・ロリータ」:ロリータの甘い要素に加えて、ゴシックの背徳的な要素が混在します。モノトーン基調と言う事で混同されがちな白ロリや黒ロリは、ゴシック要素が含まれないので別物となります。

皆様が大切にしてきたドレスも、収納場所の確保が出来ないなど、止むを得ない事情で手放さなければならない時がある事でしょう。ロリータ服の場合は、一般的な古着と違い愛好者が限定的ですので、ロリータ服の人気ブランドの価値をきちんと見定められるロリータ服専門の買取りショップに任せるのがお勧めです。

メイデンクロージングの古着買取の評判

メイデンクロージングは実店舗とインターネット店舗を持つ中古品取扱いショップで、ゴシック、ゴスロリ、パンクファッションのアイテムを専門としています。ヴィジュアル系音楽CDを販売するピュアサウンドの系列ショップであり、ゴスロリファッションイベントも積極的に開催・参加するなどで、愛好家に親しまれています。

ショップサイトの特徴:目当ての情報が探しやすいレイアウトで、左サイドにはアイテムやガイドなどが、右サイドにはショップのツィッターや更新情報などが設置されています。また、トップページの中央には、値下げの特設ページ、新入荷アイテム、キャンペーンページ、強化買取りブランドページなどが大きくピックアップされています。アイテムは見やすくカテゴリ分けされており、買取りや購入についても丁寧な説明書きがあります。最近では外国人の方に向けて英語表記のガイドも登場しました。

買取りの対象:メイデンクロージングは実店舗での買取り、遠方でも可能な宅配買取り、業者からの大量買取りを実施しています。買取り対象はロリータやゴスロリ、ゴシック、パンクブランドの物を始めとして、渋谷系や109系ブランドのメンズ物なども取り扱っています。
メイデンクロージンングでは本格的な買取り査定の前に、メールを使って事前査定を行う事が出来ます。買取りしてもらいたいアイテムの写真、ブランド名や種類、定価などの必要な情報が記載できるフォームが用意されていますので、おおよその買取り価格を知りたい時に便利です。

販売品の注目点:会員限定のセールの開催や不定期に追加される値下げ品もあるので、ゴスロリ古着を更にお得に買い求める事が可能です。基本的に中古品の買取りと販売を行うショップですが、商品の1割に新品が含まれており、アイテム検索の「状態」欄で確認する事が出来ます。

実店舗へ行く場合:大阪のアメリカ村と西新宿にある実店舗は、ピュアサウンドの店舗内に併設される形となっており、知らないで行くと店舗を見つけられない場合もあるようです。大阪には2号店もありますが、こちらはメイデンクロージングがメインとなっておりますので、すぐに見つける事が出来ます。

ゴスロリ古着買取店の比較 3店舗を比較してみた

ゴスロリは今や、特定の愛好家だけではなくお洒落に敏感なファッショニスタの間でも注目のファッションです。ゴスロリ服専門のブランドでは、高品質でセンスの良いアイテムを提供しており、ゴスロリ専門の買取りショップも増えています。大切にしてきた品物だからこそ、適正な評価が出来る信頼性の高いショップに引き取ってもらいたいものですね。そこで、注目度の高いゴスロリ買取りショップをピックアップしてみました。

業界最大手のクローゼットチャイルド:注目度☆☆☆☆

クローゼットチャイルドは実店舗を多数持つ、ゴスロリ中古アイテム取扱い業界最大のショップです。取扱いアイテムは多岐に渡り、オリジナル商品も展開するなど大手ならではの企画も充実しています。高価買取りの期待も高く、ブランドや期間を限定した買取り強化キャンペーンを随時開催しています。ただし、買取り対象ブランドが厳しく限定されており、融通の利かない面があるので注意が必要です。

愛好家が集うメイデンクロージング:注目度☆☆☆☆

メイデンクロージングは、ファッションのるつぼとも言える大阪・アメリカ村の店舗から着実に愛好家を増やしてきたゴスロリ中古アイテム取扱いショップです。メイデンクロージングでもピュアサウンド名義でオリジナルアイテムを作成・販売しており、特にパニエは3,980円の超お買い得商品の為、売り切れ状態が続いています。買取りについては多数のブランドを対象にしており、提示していないブランドでも相談に応じてくれます。

ウェブ買取りで高評価のワンダーウェルト:注目度☆☆☆☆☆

ワンダーウェルトはまだ新しいショップですが、ウェブ通販中古品取扱いでは高い評判を持つ会社が運営している、今一番注目すべき買取りショップです。海外ブランドを始めとしたラグジュアリー製品を取り扱ってきた実績があり、目の肥えたスタッフと共にゴスロリに詳しいスタッフが査定を行いますので、品物に見合った適正な評価額が期待できます。
また、実店舗を持たずウェブ通販に特化したスキルを持っていますので、トラブルのない速やかな対応が実現されています。ウェブショップも多数の方に向けたシンプルなデザインで、ゴスロリ初心者の方でも利用しやすいのが特徴です。

ゴスロリの古着買取

ゴスロリはロリータにゴシックの要素が加わったファッションです。ロリータをゴスロリとして成立させるためには、お化粧などのゴシック要素が必要になります。逆を言えば、ゴシック要素を追加すれば、黒ロリでもゴスロリになります。ただし、ゴスロリブランドで売られている服でもゴシック要素が無い物があり、そのまま着用すると普通のロリータになってしまうので、初心者は気を付けなければなりません。

「MANA様」:ゴスロリファッションの発祥は諸説ありますが、ゴスロリ愛好家にとってギタリストのMANA様はゴスロリの創設者、カリスマとして有名です。MANA様自身は1999年にゴスロリブランド、モワ・メール・モワティエを設立しました。
ゴシック要素を取り入れた音楽バンドのマリスミゼルに於いて、MANA様は完全な女形としてドレスを着用していました。そのため、必然的にゴシックとロリータが融合したファッションとなりました。ただし、MANA様は平素から白塗りのお化粧を施しているので、普通のロリータ服を着てもゴスロリとして成立してしまう点には注意が必要です。

「メイド服」:ゴスロリはメイドコスプレとは全く別物となりますが、ドレスの色や形が似ているので混同される事はよくあります。MANA様も曲によってはロリータ要素の無いロング丈のメイド服を着用する場合がありました。
コスプレのメイド服は低クオリティの物が大半で、あくまでも衣類の分類と言うよりはハリボテに近い物と考えられます。ゴスロリ服の参考となるヴィクトリア朝時代の服装にメイド服は欠かせませんが、メイドコスプレのイメージが強すぎる為、位置づけが難しいテーマとなっています。

「アリス」:ゴスロリ愛好家の共通シンボルである「不思議の国のアリス」や「鏡の国のアリス」。主人公アリスはエプロン姿ですが、メイドを連想させるエプロンは使いこなしが難しいアイテムとなっています。

ゴスロリ服買取りを専門に行っているショップでは、きちんとブランドを見極めて査定致しますしロリータ服も扱います。ブランドがはっきりしていれば、ジャンル違いで買取りされないと言う事はありませんので、安心して査定に出してみましょう。

ゴシック&ロリータ服や古着の高価買取サービスはワンダーウェルトがオススメ♡

ゴシック&ロリータファッションの買取専門店

ゴスロリファッションには小物が欠かせません。ドレスにゴシックの味付けが足りない場合も小物で補う事が出来ます。ゴスロリの完成度を上げる小物達、その中でも重要度の高いアイテムをいくつかピックアップしてみました。

「ヘアアクセサリー」:簡単に手の込んだ印象を作る事の出来るヘアアクセサリーは便利なアイテム。バランスの調整や全体のまとめ役としても重要です。リボン、ヘッドドレス、ミニハット、ボンネット、小ぶりなものではコサージュ、カチューシャ、バレッタ、ヘアゴムなどがあります。
「アクセサリー」:悪魔を象徴する金属はゴシックファッションに欠かせませんが、ゴスロリファッションでは他アイテムとの相性を考えて効果的に添える使い方がお勧めです。素材は特に限定されませんが趣が出るシルバーやゴールドが一般的です。

「バッグ」:外出時には必須アイテムとなるバッグは、センスの見せ所でもあります。アクセサリーとしてや収納力や運びやすさの重視など、用途に合わせて様々なバッグが登場しています。中身の見えない箱モノ、袋モノの持つミステリアスな雰囲気は重要です。

「ドール」:存在感のあるドールは、ゴスロリファッションに欠かせません。代表的なのがブライスドールやベアなど。ドールとお揃いやニコイチの衣装で楽しむ事も出来ます。

「シューズ」:一般的なシューズとは違って、装飾が楽しめると言う点がゴスロリシューズの醍醐味です。重厚感がある物が多く、豪華なことから重心を低く見せ、バランスをとる役割もあります。

「パニエ」:スカートを履くなら必要不可欠なアイテムであるパニエ。ミルフィーユのように何層にも重なるパニエは愛くるしく、ボリュームのあるシルエットを作る為にも必要です。柔らくしなやかなシフォン、張りのあるオーガンジー、ふんわり空気感を作るチュールなど、パニエには様々な素材があります。

増えすぎてしまったとか他に良いデザインを見つけたなどで、残念ながら手放すことを余儀なくされたアイテムを皆様も沢山お持ちのことでしょう。ゴスロリ服の買取り専門店ではドレスだけでなく各種小物も買取り致します。お決まりのスタイルをチェンジするなど、使わなくなった小物が複数出た場合にも便利ですので、是非ご利用ください。

ゴシックファッション古着の買取専門店で査定をしてみよう

正統派ゴシックファッションはゴシック小説に於ける登場人物のスタイルが参考とされ、女性ならばコルセットにロングドレス、男性ならばクラシックなスーツスタイルにロングブーツなどを身に付けます。
ゴシック小説は18世紀末のイギリスで発祥し、欧米諸国に広まりました。ゴシックは中世の建築様式ですので、中世の服装が参考になっていると思われがちですが、ゴシックファッションの場合は小説の登場人物である西洋の近代貴族の服装が原型となります。ゴシックファッションのイメージは、ゴシック小説や墓場派と呼ばれる文学作品、ゴシック映画から着想を得た物です。

「ゴシック小説」:中世ヨーロッパのゴシック建築の廃墟を主な舞台とする、神秘・幻想的冒険譚がゴシック小説と呼ばれています。モチーフとなるのは古い城や館、怪奇現象や宿命などであり、代表には「フランケンシュタイン」「ジキル博士とハイド氏」「ドラキュラ」があります。また、「オペラ座の怪人」や「アッシャー家の崩壊」などもゴシック小説に分類されます。
「墓場派」:18世紀イングランドに於ける詩人の一派で、墓場をテーマとして死への憂鬱、神秘的な感覚を表現する詩を編みました。ゴシック小説の先駆けと言われ、骸骨や棺、蠕虫(ミミズなどうごめいて移動する虫)、墓碑銘(故人を記念する銘文で墓石に刻まれる)など墓場にまつわるモチーフが特徴とされます。
「シンボル」:吸血鬼や魔女、悪魔など背徳的なキャラクター、それにまつわる血、目玉、蜘蛛、蝙蝠。また、聖なるシンボルである十字架、薔薇、天使なども日本に於いては逆説的に用いられる。

現在に於いては正統派ゴシックファッションの愛好家は少数派となり、欧米ではゴシックロック、日本ではV系音楽バンドなどのファッションが主流となっています。ゴシック服専門のブランドやショップも増え、高クオリティでデザイン性の高いゴシック服は二次流通でも人気があります。ゴシック服は一般的な古着やブランドの洋服とは一線を画す特殊なジャンルに属しますので、知識が無い一般的なショップではその価値を見定める事が出来ません。もし、皆様が大切にしてきたゴシック服を手放さなければならないときは、ゴシック服のブランドに詳しい買取り専門店で査定してもらう事をお勧めします。

ゴスロリ好きで話題のゴシック&ロリータ買取サイト【ワンダーウェルト】

ゴスロリの老舗、クローゼットチャイルドの評判

クローゼットチャイルドは、ゴシック系の中古品を取り扱うショップでは業界最大手です。取扱いジャンルは、ゴシック、ゴスロリ、パンク、109系メンズなどのファッション、ヴィジュアル系のCDやグッズなど幅広く、実店舗の数も11店舗に及びます。

ショップサイトの特徴:購入(BUY)と買取り(SELL)でページが分かれており、サイトデザインも全く違う雰囲気を持つのが特徴です。ゴシック系のショップサイトと言えば愛好者の方に向けた雰囲気のものが多いですが、クローゼットチャイルドではショップサイトとしてこなれており、外国人向けの英語表記のガイドも充実しています。情報が満載なわりに見やすく、シンプルなデザインながらセンスを感じますが、一部古い情報が残っていたりリンク切れがあったりと注意が必要な箇所もあります。

買取りについて:実店舗買取りと宅配買取り、在庫処分の業者買取り、50点以上の大量買取りでは出張も対応しています。取扱いブランドは決まっており、ショップサイトの買取り専用ページで確認する事が出来ます。万が一、宅配買取りでブランドを間違って送ってしまった場合、自費負担で返送されてしまいますので注意しましょう。

販売品の注目点:クローゼットチャイルドでは各種新品商品も多く取り揃えています。ブラウスやパニエなど使用頻度が高く痛みやすいアイテムは新品で、主役の高価なドレスは古着でとまとめて買う事も可能です。特にオリジナルパニエは手ごろな価格で人気商品となっています。取扱いジャンルが幅広く、小物でもバッグやシューズなどのファッションアイテムだけではなく、ストラップやハンドタオルなどの雑貨、ティッシュケースやスイッチカバーなどインテリアグッズもあります。

店舗について:ショップサイトでは同系列でヴィヴィアンウエストウッド、ドール、ヴィジュアル系CD、109系メンズファッションと専門のサイトがそれぞれ展開されています。ただし、実店舗では全てクローゼットチャイルドの店舗名で統一されていますので、例えば同じ新宿店でも、ロリータ、ゴシック、パンク、ヴィヴィアンウエストウッドのアパレルを取り扱う店舗、CDと109系のメンズアパレルを取り扱う店舗と2つに分かれているので事前に確認しておきましょう。